TEL:0858-85-5331

年中無休/9:00 - 19:00
コンビニエンスストアは24時間営業

News & Topics

お知らせ

お知らせ

ベルフル オープン!!

道の駅内に新しくテイクアウトコーナー『ベルフル』が8月11日よりオープンいたしました。

たこ焼き.パイたい焼き.タピオカドリンク.チャーミースノーアイスなどメニューも豊富です。

ご家族やご友人とお誘い合わせのうえお気軽にお立ち寄りください!(^^)!

 

 

お知らせ

肝試しナイトツアー 開催記録

7月20日(土)18:00~

やまあそびラボ×道の駅清流茶屋かわはらpresents

『肝試しナイトツアー・因幡の怪 闇を覗く時、闇もまたこちらを覗いているのだ』を開催いたしました。

※開催記録はこちらより→肝試しナイトツアー・因幡の怪記録写真館

 

お知らせ

イベント満載!!What’s NEW?

お楽しみイベント情報・イベント結果などを発信しています♪

What’s NEW?はこちらより

お知らせ

令和元年5月来場者アンケート

令和元年5月来場者アンケートはこちらより

お知らせ

ごきげん食堂の営業時間のお知らせ

ごきげん食堂の営業時間のお知らせになります。

ごきげん営業時間はこちらより

お問い合わせ:ごきげん食堂 TEL 0858-85-6200

ブログ

洗足山 ~鬼が住む山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年9月に登った、牛臥山です!

【日程】2018年9月

【山名】洗足山(せんぞくさん)

【標高】746m

【行程】社地区公民館=25分=鳥居野登山口=80分=鬼の洗濯岩=30分=洗足山(最高点)=10分=洗足山(一等三角点)=5=展望台分岐=15分=展望台(昼食休憩)=20分=展望台分岐=105分=金屋登山口

歩行時間合計:4時間50分

【レベル】初心者~中級者向け

【特徴】洗足山の名前の由来は、弘法大師が諸国巡礼の途中、用瀬に立ち寄った際に立派な滝を発見し、祈りの場所と定め、自らも水浴びをして不動明王を奉ったことに由来しています。
一等三角点を有し、天候の良い時には、高山、高鉢山、三国ヶ山、日本海を一望することができます。

【備考】トイレは社地区公民館にあります。
社地区公民館~鳥居野登山口及び金屋登山口~社地区公民館の間は歩道を通行します。

 

IMG_3680

上方往来の文字に歴史を感じます

 

IMG_3696

洗足山含めた用瀬アルプスには、非常にわかりやすい案内看板が至る所に設置されています

 

IMG_3700

この山系は洗足山遊歩隊の方々が整備してくださっています

 

IMG_3698

登山道入り口に登山届BOXが設置されていますので、皆さんご活用ください

 

IMG_3702

害獣よけの柵を通り抜け…

 

IMG_3692

少し歩くと、不動院への分かれ道

 

IMG_3716

テングタケの一種 おそらくは毒キノコ…

 

 

IMG_3721

ヤマボウシ この実は美味しく食べられます

 

 

IMG_3731

これもテングタケの仲間

 

IMG_3766

これはフウセンタケの仲間です

 

IMG_3729

登山道より、篭山、那岐山方面を望む 

 

IMG_3734

ここで岩場と普通の道に別れますが、すぐに合流できます

 

IMG_3735

ここが岩場の終着点 

岩場といっても大げさなものではないので、興味のある方はぜひ!

 

IMG_3770

ここが洗足山の最高点ですが、ほとんど何もなく、眺望もなし…

 

IMG_3775

事実上の山頂はこちらです 

椅子も整備され、晴れた日には看板の後ろに青空が広がります

 

IMG_3780

展望台との分岐 

金屋ルートの下山は道が荒れている場合があるので、ご注意ください

 

IMG_3782

ここが展望台 

一見展望台?と疑問に思ってしまいそうな景色ですが…

 

IMG_3744

御覧の通り、遠く霊石山と日本海を望むことができます

 

地元の方に親しまれている用瀬アルプスの一角を担う洗足山。

ロングトレイルコースもありますので、様々なレベルの方に楽しんでいただける山です。

 

 

ブログ

牛臥山(うしぶせやま) ~牛が臥せているように見える山

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年8月に登った、牛臥山です!

【日程】2018年8月

【山名】牛臥山(うしぶせやま)

【標高】729m

【行程】上板井原駐車場=15分=峠の地蔵=45分=牛臥公園分岐=30分=牛臥山山頂=30分=牛臥山公園分岐=40分=峠の地蔵=15分=上板井原駐車場

歩行時間合計:2時間55分

【レベル】初級~初心者向け

【特徴】因美線が智頭駅まで開通した年に、駅舎の前方に広がる山並みが、「巨大な種牛に似たるが如し」と、牛臥山と命名されました。
麓には、日本の山村集落の原風景を残した板井原集落があり、秋の紅葉は見応えがあります。

【備考】トイレは上板井原駐車場にあります。基本的に樹林帯を歩きます。
また、一部急登がありますので下りは焦らずゆっくりと降りましょう。
この近辺の山は尾根が広く、視界が悪い時などは道に迷いやすくなっているため、十分に注意してください。

 

IMG_2267

牛臥山は読んで字のごとく、牛が横になっている姿に似ていることからその名前が付けられました

 

IMG_2269

登山口はちょっとわかりにくい看板が立ってますので、見逃さないように!

 

IMG_2272

今回は先日の台風で道が少々荒れてますが…

 

IMG_2281

少し上ると静かな登山道へ
杉の町なので、杉の木が多いのが特徴です

 

IMG_2296

分岐点の看板を見つつ、頂上を目指します

 

IMG_2287

分岐は用瀬アルプス方面へ 

尾根伝いにロングトレイルを楽しむこともできます

 

IMG_2513

こんな急登もありますので、足元には十分注意して登ってください

 

IMG_2298

立派な大岩の間を通り抜けて頂上へ

 

IMG_2338

頂上手前の開けた道 遠くに用瀬アルプスの洗足山が見えてます

 

IMG_2343

頂上には立派な石碑が 

 

IMG_2357

頂上からは用瀬や智頭の町と篭山、那岐山などが見渡せます

 

この山は海上山ともつながっており、海上山へのルートはやたらと広くて歩きやすい尾根が特徴です。

急登もあり、バリエーションに富んだ山行が楽しめます。

ブログ

二上山(ふたがみやま) ~史跡散策を楽しむ山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年7月に登った、城山です!

【日程】2018年7月

【山名】二上山(ふたがみやま)

【標高】333m

【行程】第一駐車場=15分=第二駐車場=5分=展望デッキ=20分=第一掘切=15分=第二堀切=20=頂上(一の平)=40分=分岐=15分=第一駐車場

歩行時間合計:2時間10分

【レベル】初級者向け

【特徴】頂上からは、ユネスコ世界ジオパークに認定されている山陰海岸ジオパークの景勝地「浦富海岸」を一望できます。
また、南北朝時代に築かれた山城であるため、その頃の遺構を残しており、歴史の深さを実感できます。

【備考】トイレは第一駐車場にあります。
また、急勾配が続くため、こまめに休憩するようにして、水分は多めにもって行動しましょう。

 

IMG_1069

中国百名山の一つ、二上山城跡 山名氏により築城された城の跡地です

 

IMG_1070

駐車場併設のトイレ 

登山道には一切トイレがないので、事前に済ませてください

 

IMG_1071

駐車場と道を挟んで反対側には高野坂古墳公園あり 

地域の歴史を解明するうえで重要な手がかりです

 

IMG_1073

中国自然歩道の入り口がそのまま登山口になっています

 

IMG_1099

別途木道の登山道もありますが、こちらは老朽化により通行禁止に…

 

IMG_1463

中国自然歩道を少し歩くと、山道へ

 

IMG_1153

登山道をしばらく歩くと、分岐が出てきます

我々は岩常方面から来たわけですが…

 

IMG_1155

福部駅前に至る道は…あまり使われてない印象ですね

 

IMG_1109

アジサイが綺麗に咲いていました

 

IMG_1482

山頂直下の急登は階段がありますが、十分に気をつけて登ってください

 

IMG_1114

出ました、ご当地アルプス! 

縦走になりますので、こちらのルートを通る方は十分な準備を!

 

IMG_1107

山頂より北側、日本海方面を望む

 

IMG_1726

山頂より北東側  

より日本海が近くに見えますね

 

IMG_1488

山頂より南東側、扇ノ山方面

雄大な山麓が並んでいます

 

樹林帯を歩くので、直射日光を浴びなくて済むのもこの山の特徴です。

頂上からは日本海が見えますので、興味のある方はぜひ登ってみてください!