ブログ

ブログ

IMG_6844

2019.4.23洗足山 ~鬼が住む山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年9月に登った、牛臥山です!

【日程】2018年9月

【山名】洗足山(せんぞくさん)

【標高】746m

【行程】社地区公民館=25分=鳥居野登山口=80分=鬼の洗濯岩=30分=洗足山(最高点)=10分=洗足山(一等三角点)=5=展望台分岐=15分=展望台(昼食休憩)=20分=展望台分岐=105分=金屋登山口

歩行時間合計:4時間50分

【レベル】初心者~中級者向け

【特徴】洗足山の名前の由来は、弘法大師が諸国巡礼の途中、用瀬に立ち寄った際に立派な滝を発見し、祈りの場所と定め、自らも水浴びをして不動明王を奉ったことに由来しています。
一等三角点を有し、天候の良い時には、高山、高鉢山、三国ヶ山、日本海を一望することができます。

【備考】トイレは社地区公民館にあります。
社地区公民館~鳥居野登山口及び金屋登山口~社地区公民館の間は歩道を通行します。

 

IMG_3680

上方往来の文字に歴史を感じます

 

IMG_3696

洗足山含めた用瀬アルプスには、非常にわかりやすい案内看板が至る所に設置されています

 

IMG_3700

この山系は洗足山遊歩隊の方々が整備してくださっています

 

IMG_3698

登山道入り口に登山届BOXが設置されていますので、皆さんご活用ください

 

IMG_3702

害獣よけの柵を通り抜け…

 

IMG_3692

少し歩くと、不動院への分かれ道

 

IMG_3716

テングタケの一種 おそらくは毒キノコ…

 

 

IMG_3721

ヤマボウシ この実は美味しく食べられます

 

 

IMG_3731

これもテングタケの仲間

 

IMG_3766

これはフウセンタケの仲間です

 

IMG_3729

登山道より、篭山、那岐山方面を望む 

 

IMG_3734

ここで岩場と普通の道に別れますが、すぐに合流できます

 

IMG_3735

ここが岩場の終着点 

岩場といっても大げさなものではないので、興味のある方はぜひ!

 

IMG_3770

ここが洗足山の最高点ですが、ほとんど何もなく、眺望もなし…

 

IMG_3775

事実上の山頂はこちらです 

椅子も整備され、晴れた日には看板の後ろに青空が広がります

 

IMG_3780

展望台との分岐 

金屋ルートの下山は道が荒れている場合があるので、ご注意ください

 

IMG_3782

ここが展望台 

一見展望台?と疑問に思ってしまいそうな景色ですが…

 

IMG_3744

御覧の通り、遠く霊石山と日本海を望むことができます

 

地元の方に親しまれている用瀬アルプスの一角を担う洗足山。

ロングトレイルコースもありますので、様々なレベルの方に楽しんでいただける山です。

 

 

IMG_2338

2019.4.18牛臥山(うしぶせやま) ~牛が臥せているように見える山

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年8月に登った、牛臥山です!

【日程】2018年8月

【山名】牛臥山(うしぶせやま)

【標高】729m

【行程】上板井原駐車場=15分=峠の地蔵=45分=牛臥公園分岐=30分=牛臥山山頂=30分=牛臥山公園分岐=40分=峠の地蔵=15分=上板井原駐車場

歩行時間合計:2時間55分

【レベル】初級~初心者向け

【特徴】因美線が智頭駅まで開通した年に、駅舎の前方に広がる山並みが、「巨大な種牛に似たるが如し」と、牛臥山と命名されました。
麓には、日本の山村集落の原風景を残した板井原集落があり、秋の紅葉は見応えがあります。

【備考】トイレは上板井原駐車場にあります。基本的に樹林帯を歩きます。
また、一部急登がありますので下りは焦らずゆっくりと降りましょう。
この近辺の山は尾根が広く、視界が悪い時などは道に迷いやすくなっているため、十分に注意してください。

 

IMG_2267

牛臥山は読んで字のごとく、牛が横になっている姿に似ていることからその名前が付けられました

 

IMG_2269

登山口はちょっとわかりにくい看板が立ってますので、見逃さないように!

 

IMG_2272

今回は先日の台風で道が少々荒れてますが…

 

IMG_2281

少し上ると静かな登山道へ
杉の町なので、杉の木が多いのが特徴です

 

IMG_2296

分岐点の看板を見つつ、頂上を目指します

 

IMG_2287

分岐は用瀬アルプス方面へ 

尾根伝いにロングトレイルを楽しむこともできます

 

IMG_2513

こんな急登もありますので、足元には十分注意して登ってください

 

IMG_2298

立派な大岩の間を通り抜けて頂上へ

 

IMG_2338

頂上手前の開けた道 遠くに用瀬アルプスの洗足山が見えてます

 

IMG_2343

頂上には立派な石碑が 

 

IMG_2357

頂上からは用瀬や智頭の町と篭山、那岐山などが見渡せます

 

この山は海上山ともつながっており、海上山へのルートはやたらと広くて歩きやすい尾根が特徴です。

急登もあり、バリエーションに富んだ山行が楽しめます。

IMG_1492

2019.4.17二上山(ふたがみやま) ~史跡散策を楽しむ山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年7月に登った、城山です!

【日程】2018年7月

【山名】二上山(ふたがみやま)

【標高】333m

【行程】第一駐車場=15分=第二駐車場=5分=展望デッキ=20分=第一掘切=15分=第二堀切=20=頂上(一の平)=40分=分岐=15分=第一駐車場

歩行時間合計:2時間10分

【レベル】初級者向け

【特徴】頂上からは、ユネスコ世界ジオパークに認定されている山陰海岸ジオパークの景勝地「浦富海岸」を一望できます。
また、南北朝時代に築かれた山城であるため、その頃の遺構を残しており、歴史の深さを実感できます。

【備考】トイレは第一駐車場にあります。
また、急勾配が続くため、こまめに休憩するようにして、水分は多めにもって行動しましょう。

 

IMG_1069

中国百名山の一つ、二上山城跡 山名氏により築城された城の跡地です

 

IMG_1070

駐車場併設のトイレ 

登山道には一切トイレがないので、事前に済ませてください

 

IMG_1071

駐車場と道を挟んで反対側には高野坂古墳公園あり 

地域の歴史を解明するうえで重要な手がかりです

 

IMG_1073

中国自然歩道の入り口がそのまま登山口になっています

 

IMG_1099

別途木道の登山道もありますが、こちらは老朽化により通行禁止に…

 

IMG_1463

中国自然歩道を少し歩くと、山道へ

 

IMG_1153

登山道をしばらく歩くと、分岐が出てきます

我々は岩常方面から来たわけですが…

 

IMG_1155

福部駅前に至る道は…あまり使われてない印象ですね

 

IMG_1109

アジサイが綺麗に咲いていました

 

IMG_1482

山頂直下の急登は階段がありますが、十分に気をつけて登ってください

 

IMG_1114

出ました、ご当地アルプス! 

縦走になりますので、こちらのルートを通る方は十分な準備を!

 

IMG_1107

山頂より北側、日本海方面を望む

 

IMG_1726

山頂より北東側  

より日本海が近くに見えますね

 

IMG_1488

山頂より南東側、扇ノ山方面

雄大な山麓が並んでいます

 

樹林帯を歩くので、直射日光を浴びなくて済むのもこの山の特徴です。

頂上からは日本海が見えますので、興味のある方はぜひ登ってみてください!

 

 

IMG_4784

2019.4.10三角山(みすみやま) ~ピラミダルな様相の岩山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018/5/22に登った、鳥取市の歴史ある山です!

【日程】2018年5月22日

【山名】三角山(みすみやま)

【標高】508m

【行程】用瀬町総合支所 = 15分 = 女人堂 = 30分 = 中鳥居 = 30分 = 仙の行者 = 30分 = 三角の肩 = 15分 = 三角山山頂(508m) = 40分 =中鳥居 = 20分 =子持ち松砦 = 20分 = 景石城跡(昼食) = 60分 = 用瀬町総合支所

【レベル】初級者向け

【特徴】三角山は猿田彦を祀り、古来より多くの修験者が修行に訪れる山でした。このため、戦前までは女人禁制のしきたりがあり、現在も「女人堂」が残っています。古くは、在原行平が訪れ、献歌したこともある歴史の深い山です。

【備考】道中にトイレがありません。また、全山通じて水が手に入りません。道は基本的に整備されていますが、女人堂から頂上までは急登が続きます。
花崗岩の山なので所々で岩が露出しており、登山道も一部岩の上を歩くことになるため、ご注意ください。

 

IMG_0183

三角山への旧参道にて、丁石の説明 ここは由緒ある修験者の道だったんです!

 

IMG_0431

用瀬アルプスの全容を書いた看板

この山系には親切な案内看板がたくさんあります

 

IMG_4784

イベントにて用意した力石セット!

 持って登った石の大きさに応じて夢が叶うとか…

 

IMG_4799

奉納相撲が行われていた角力場 訪れた方は相撲を取ってみてください

 

IMG_0377

ここは女人堂と呼ばれており、昔はここから先は女人禁制でした

 

DSC06574

鎖場発見! もちろん鎖使わなくても、安全に登れますので、ご安心ください

 

DSC06597

今はもう数基しか残ってない丁石の一つ。修験者の道だったんですねぇ

 

DSC06603

ピラミッド形の石

この山系全体がこのように綺麗な三角形になってます

 

DSC06624

頂上の広場

代表的な6つの石を筆頭に、大小さまざまな石の存在感は圧巻の一言

 

DSC06643

これが6つの石の一つ、権現石 

もはや石というよりは、巨大な岩です

 

DSC06638

頂上の社にはなぜか池田藩の家紋が…

由緒正しい社なのですが、理由を知る人もいまは…

 

DSC06662

三角山頂上より、用瀬アルプス洗足山方面を望む

天気が良ければ、岡山の山も

 

DSC06618

三つ葉ツツジが一輪咲いていました

4月の適期には咲き乱れます

 

DSC06781

影石城跡の石垣

朽ちたその姿は歴史を感じずにはいられません

 

DSC06786

影石城跡にある東屋

昼食休憩にぜひどうぞ

 

DSC06788

影石城跡の広場

昔はここにお城が建っていて、ドッジボールができるくらい広いです

 

IMG_0400

影石城跡より、鳥取市内を望む  天気がいい日は日本海まで見ることができます

正面遠くに見える平らな山は、霊石山です

 

IMG_0404

影石城跡より、用瀬町内を望む

遠くに見えるのは佐治町や河原町の山々です

 

IMG_4903

影石城跡から抜群の景色を楽しみながら、下山

 

IMG_0466

影石城跡の登山口にある、歴史看板 歴史の深い山系でした

 

遠くから見ても、とんがっているのがまるわかりのこの山、大岩壁もあるので見どころ満載です!

 

 

IMG_0931

2019.4.10久松山(きゅうしょうざん) ~歴史あふれる城山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018/6/16に登った、鳥取市の歴史ある山です!

 

【日程】2018年6月16日

【山名】久松山(きゅうしょうざん)

【標高】263m

【行程】県立博物館周辺=10分=鳥居(二ノ丸)=20分=中坂稲荷(五合目)=20分=久松山山頂=30分=十(外)神砦=10分=長田神社分岐=20分=揠堤=5分=長田神社=5分=吉川経家像

【レベル】初級者~初心者向け

【特徴】山頂までは、二ノ丸や中坂稲荷を経由する「中坂コース」が最もポピュラーで、1時間ほどで登頂できますが、急な石段が続きます。
山頂からは、眼下に鳥取市街、湖山池、鳥取砂丘、日本海を、遠くは氷ノ山、那岐山など中国山地の山々を眺めることができます。

【備考】トイレは久松公園と二の丸に水洗トイレがあります。長田神社に向かう東坂ルートには川が流れていますが、飲料には適さないので、十分な水を持って行ってください。

 

IMG_0941

鳥取市内より久松山頂上 歴史の深い山です

 

IMG_0817

立派に残っている城跡の石段を、歴史を感じつつ登っていきます

 

IMG_0821

10分も登れば、鳥取市街地が見渡せる広場に到着

 

IMG_0829

登山口にあるお稲荷さんに登山の無事を祈念しつつ…

 

IMG_0830

再び情緒あふれる城跡を歩いていきます

 

IMG_1008

日本唯一の巻石垣である天球丸 

石で綺麗な球を作ってます すごい!

 

IMG_0826

石垣を築くために石を切り出した石切り場の説明看板

 見どころが多いです

 

IMG_0931

天球丸の石垣が見える広場 鳥取市内も一望できます

 

IMG_0834

クマ注意の看板発見! クマに出会わないように音を鳴らしましょう

 

IMG_0838

急登が続く石の階段をゆっくりと登っていきましょう

 

IMG_0844

ここは五合目の中坂稲荷 休憩にぴったりのイスも用意されています

 

IMG_0850

山頂手前の石段 ここまで来たら、もう山頂は目の前です

 

IMG_0855

山頂広場より、鳥取南部を望む 真正面に霊石山が見えています

 

IMG_0856

山頂広場より湖山池方面を望む 左端には鷲峯山も見えています

 

IMG_0864

山頂広場より、鳥取砂丘方面 日本海がすく側に見えています

 

IMG_0888

ロープウェー跡地 昭和の時代に作られて、多くの人を運んでいたとか

 

IMG_0913

文字が書けるタラヨウの葉の裏に落書き 

葉書きの語源ともいわれる葉っぱです

 

IMG_0907

永田神社方面より下る道も

色々な道があり、バリエーションに富んだ登山ができます

 

ということで、久松山登山満喫してきました。

晴れている日は大山まで見ることができ、市内から手軽にアクセスできますので、おすすめの山です。

IMG_6681

2019.4.10霊石山(れいせきざん) ~神話の里山~

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018年4月に登山した、鳥取市河原町にある霊石山です!

パラグライダーのメッカでもあるこの山の頂上からは、鳥取市内の素晴らしい景色を見渡すことができます。

 

【日程】2018年04月

【山名】霊石山(れいせきざん)

【標高】334m

【行程】林業試験場=25分=林道分岐=5分=御子岩=10分=最勝寺奥の院=15分=伊勢ケ平=10分=霊石山山頂=30分=林道分岐=20分=林業試験場

【レベル】初級者~初心者向け

【特徴】低山ながら歴史が深く、いくつかのルートを楽しむことができる。また、山頂までは林道が通っており、車で頂上まで行くことも可能。

【備考】トイレは林業試験場もしくはお近くの公共機関をご利用ください。また、水場がほとんどありませんので、十分な水分を携行してください。

004

道の駅周辺から霊石山を望む 河原町を代表する山です

 

DSC00092

霊石山のふもとにある国英神社 国英とはかつての地名とのことです

 

DSC00097

鳥取指定天然記念物である国英神社の大イチョウ 

秋には見事な紅葉を見ることができます

 

DSC00115

標高の低い山といっても道は山道なので、しっかりとした準備を!

 

DSC00154

供御の水 その昔、応神天皇行幸の際にこの清水で米を研いで献上したことから、決まった時間に白濁する不思議な水です

 

DSC00162

最勝寺の奥の院 

周辺に供御の水、水天宮など多くの史跡があります。

 

DSC00168

弁慶の足跡 

その昔、弁慶が足跡をつけたという大岩

 

DSC00181

山王宮 最勝寺の守護神で山王権現が祀られています

 

DSC00205

伊勢ケ平へと続く道 険しい道が続きます

 

DSC05349

最高点がある伊勢ケ平(いせがなる) 

天照大神が皇居を営まれたということから、この地名に

 

DSC00232

朽ち果てつつある東屋 伊勢ケ平から山頂方面にありますが、休憩には不向きかも?

 

19

タニウツギ 5~6月に綺麗なピンク色の花を咲かせます

 

DSC00279

源範頼の墓 伊豆から因幡に逃れてきて、ここで死去されたとか

 

DSC00305

最勝寺 非常に縁起の良い名称です

 

DSC00396

河原町名物御子岩周辺からは、河原町内を望むことができます

 

DSC04337

これが噂の御子岩 

猿田彦が冠を置きお休みになられたことから御冠岩とも呼ばれます

 

8

霊石山山頂のグライダー基地より、南部地域を望む 

遠く正面に用瀬アルプスが見えます

 

IMG_2219

霊石山山頂より鳥取市方面を望む 

天気が良い日は日本海まで丸見えです

 

IMG_6681

霊石山山頂はスカイスポーツのメッカ 

気象条件の良い日はグライダーを楽しむ人々で賑わいます

 

P1130875

御子岩にて美味しい穴場コーヒーをいただきました! 道の駅にて好評販売中

 

ということで、霊石山レポを終了します!

道の駅清流茶屋かわはらからすぐですので、道の駅にお立ち寄りの際はぜひ~

ミステリーツアー開催記録

2017.10.21第9回因幡の白兎ミステリーウォークバスツアー

雨にもマケズ、風にもマケズ…いつか使ったフレーズですが^_^; 予想以上に結構降りましたねS ですが、皆さんの飽くなき探求心が実を結び、今回のツアーを通じてまたたくさんの大きな発見がありました!神話は本当に奥が深い!!金持神社に再生神話に、私たちの運気もますます上昇気流に乗ったかもしれません(^^)v

 

※第9回ミステリーツアー開催記録はこちらより

 

霊石山 御子岩合格祈願山歩ツアー開催記録

2017.9.26霊石山 御子岩合格祈願山歩ツアー

降水確率0%これ以上ないくらいの山日和♪ 国英神社と御子岩の山カフェが本日のツアーの主役☆という、普段の霊石山ツアーではまずあまりないタイプの、ちょっと珍しい山歩きになりました。合格祈願で登った方も、気分転換やパワーチャージで登った方も、皆様それぞれに楽しんでいただけたなら幸いです\(^o^)/

霊石山 御子岩合格祈願山歩ツアーレポートはこちらより

What's NEW?原稿№72

2017.9.21イベント満載!!What’s NEW?

お楽しみイベント情報・イベント結果などを発信しています♪

What’s NEW?はこちらより

What's NEW?原稿№71

2017.8.14イベント満載!!What’s NEW?

お楽しみイベント情報・イベント結果などを発信しています♪

What’s NEW?はこちらより

What's NEW?

2017.7.15イベント満載!!What’s NEW?

お楽しみイベント情報・イベント結果などを発信しています♪

What’s NEW?はこちらより

とっとり工房めぐりの旅レポート

2017.6.13とっとり工房めぐりの旅~佐治の染色家&用瀬の靴作家編~

前日、防寒対策を~と呼び掛けていたのは何だったのか…というくらい、信じられないほどの良いお天気に。西尾さんの植物園、珍しい紫陽花まだまだ花盛りでご満足頂けて良かったです♪午後からも、古民家カフェに松本さんの靴作りの工房見学、お待ちかね☆ワークショップと盛りだくさんの内容でお届けしました♪

とっとり工房めぐりの旅レポートはこちらより

What's NEW?原稿№69

2017.6.09イベント満載!!What’s NEW?

お楽しみイベント情報・イベント結果などを発信しています♪

What’s NEW?はこちらより

 

第5回ノルディック・ウォーク体験会開催記録

2017.4.02ノルディック・ウォーク体験会~菜の花&桜 春色デュエットウォーク~

デュエットウォーク改め、「菜の花のソロウォーク」…またの名を「春の息吹、すぐそこにウォーク」です(^^)それにしても、この1月の大雪から始まり、1週間以上の桜の開花の遅れと今年は何が起こるか本当に分かりません(+_+)でも、ウォーカーの皆さんは今日も変わらず元気×2!笑顔満開です(●^o^●)

第5回ノルディック・ウォーク体験会開催記録はこちらより

第2回国際料理教室 中国編開催記録

2017.3.14国際料理教室 中国の台所より愛をこめて

毎回(とは言っても、まだ2度目ですけどね…)必ず何かしらのハプニングに見舞われながらも、なんとかみんなで力を合わせて乗り超える国際料理教室ですが(*_*;さすがに、今回は食材の分量が違う!?という事で、お料理ができあがるまで本当にヒヤヒヤものでした(汗)。みなさま本当にお疲れ様でしたm(__)m

第2回国際料理教室 中国編開催記録はこちらより

What's NEW?原稿№65

2017.1.15イベント満載!!What’s NEW?

お楽しみイベント情報・イベント結果などを発信しています♪

What’s NEW?はこちらより