ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 三角山(みすみやま) ~ピラミダルな様相の岩山~

三角山(みすみやま) ~ピラミダルな様相の岩山~

2019.4.10

IMG_4784

やまあそびラボ お山の学び舎 登山講師の前田です。

今回は2018/5/22に登った、鳥取市の歴史ある山です!

【日程】2018年5月22日

【山名】三角山(みすみやま)

【標高】508m

【行程】用瀬町総合支所 = 15分 = 女人堂 = 30分 = 中鳥居 = 30分 = 仙の行者 = 30分 = 三角の肩 = 15分 = 三角山山頂(508m) = 40分 =中鳥居 = 20分 =子持ち松砦 = 20分 = 景石城跡(昼食) = 60分 = 用瀬町総合支所

【レベル】初級者向け

【特徴】三角山は猿田彦を祀り、古来より多くの修験者が修行に訪れる山でした。このため、戦前までは女人禁制のしきたりがあり、現在も「女人堂」が残っています。古くは、在原行平が訪れ、献歌したこともある歴史の深い山です。

【備考】道中にトイレがありません。また、全山通じて水が手に入りません。道は基本的に整備されていますが、女人堂から頂上までは急登が続きます。
花崗岩の山なので所々で岩が露出しており、登山道も一部岩の上を歩くことになるため、ご注意ください。

 

IMG_0183

三角山への旧参道にて、丁石の説明 ここは由緒ある修験者の道だったんです!

 

IMG_0431

用瀬アルプスの全容を書いた看板

この山系には親切な案内看板がたくさんあります

 

IMG_4784

イベントにて用意した力石セット!

 持って登った石の大きさに応じて夢が叶うとか…

 

IMG_4799

奉納相撲が行われていた角力場 訪れた方は相撲を取ってみてください

 

IMG_0377

ここは女人堂と呼ばれており、昔はここから先は女人禁制でした

 

DSC06574

鎖場発見! もちろん鎖使わなくても、安全に登れますので、ご安心ください

 

DSC06597

今はもう数基しか残ってない丁石の一つ。修験者の道だったんですねぇ

 

DSC06603

ピラミッド形の石

この山系全体がこのように綺麗な三角形になってます

 

DSC06624

頂上の広場

代表的な6つの石を筆頭に、大小さまざまな石の存在感は圧巻の一言

 

DSC06643

これが6つの石の一つ、権現石 

もはや石というよりは、巨大な岩です

 

DSC06638

頂上の社にはなぜか池田藩の家紋が…

由緒正しい社なのですが、理由を知る人もいまは…

 

DSC06662

三角山頂上より、用瀬アルプス洗足山方面を望む

天気が良ければ、岡山の山も

 

DSC06618

三つ葉ツツジが一輪咲いていました

4月の適期には咲き乱れます

 

DSC06781

影石城跡の石垣

朽ちたその姿は歴史を感じずにはいられません

 

DSC06786

影石城跡にある東屋

昼食休憩にぜひどうぞ

 

DSC06788

影石城跡の広場

昔はここにお城が建っていて、ドッジボールができるくらい広いです

 

IMG_0400

影石城跡より、鳥取市内を望む  天気がいい日は日本海まで見ることができます

正面遠くに見える平らな山は、霊石山です

 

IMG_0404

影石城跡より、用瀬町内を望む

遠くに見えるのは佐治町や河原町の山々です

 

IMG_4903

影石城跡から抜群の景色を楽しみながら、下山

 

IMG_0466

影石城跡の登山口にある、歴史看板 歴史の深い山系でした

 

遠くから見ても、とんがっているのがまるわかりのこの山、大岩壁もあるので見どころ満載です!