より地域に根付いた道の駅を目指すため、地域と地域、人と人との縁を広く結んでいく縁結びステーション発の「地域の学び舎 水辺の学縁(学園の意)」を構築していく計画です。

学びの志を同じくする住民同士が、この学び舎を通じ地域の枠を超えて交流でき、更には参加者の口コミにより周辺地域の様々な情報がここを拠点に周辺住民に広く伝わっていけるような地域の学び舎作りを目指します。

  • 現在、全生徒も120人からご参加頂いている「ゆるゆる田舎塾」と会員数80人を超えた「いなばスローツーリズム交流会」を中心に、現段階では以下の5つのプログラムを企画しています。
    (※「ゆるゆる田舎塾」および「いなばスローツーリズム交流会」については、以下リンクからご参照ください。)

  • 主にものづくりを学ぶ「ゆるゆる田舎塾」、「八上姫講座
  • 広い意味での社会見学が中心となっている「いなばスローツーリズム交流会」
  • スポーツ教室のような屋外実習による「水辺プラザ青空教室」
  • 野菜ソムリエを招き、地域の生産地を実際に訪ねて行う「収穫から行う田舎の料理学校」
  • チビッコとおじいちゃん、おばあちゃんとの交流を深める「満月倶楽部&ローカルヒーロー餅つき体験会」






 現在道の駅清流茶屋かわはらでは、より地域に根付いた道の駅を目指すため、地域と地域、人と人との縁を広く結んでいく「地域の学び舎・水辺の学縁」プロジェクトを進めています。「地域の学び舎・水辺の学縁」では、ものづくりを学ぶ「ゆるゆる田舎塾」や社会見学ツアーが中心の「いなばスローツーリズム交流会」など、5つのプログラムを計画しています。そこで、「地域の学び舎・水辺の学縁」が、教室やツアーを通じて地域の人材や観光資源の魅力を地域内外に発信し、より親しみやすい交流の場となるよう、このたび学縁のアイドルとして活動を一緒に盛り上げてくれるマスコットキャラクターが決定いたしました!

 皆様から多くのご応募を頂き、ありがとうございました。 今後は、「地域の学び舎・水辺の学縁」のマスコットキャラクターとして採用し、学縁のアイドルとして、広報紙やホームページ、イベントなどに活用してまいります。

縁結びをイメージして作った女の子です。着物の水色の模様に混じってうさぎがいます。そのうさぎが幸せを運んでくれる様子を描きました。千代川の川の流れに縁結びの女神の八上姫、因幡の白うさぎ、すべての要素が上手に取り込まれていた点が採用ポイントになりました。

愛称については、女の子のチャームポイントのひとつになっているハートの髪飾りに着眼したものでしたが、多くの人々の縁結びの役目を担う女の子が、これから広く皆様に愛されるキャラクターとなっていくよう願いが込められている点を評価させて頂きました。

※「はぁ兎ちゃん」のデザインにつきましては作者了承の上、「地域の学び舎・水辺の学縁」のアイドルのイメージにより沿うように補作をさせて頂いています。

優秀賞デザイン・愛称と受賞者(作品は割愛させて頂きます)

有田 浩子さん(鳥取県鳥取市)

塩崎 歩美さん(大阪府大阪市)